宅建 年収

社会人のための宅建・取得ガイド

宅建取得は収入アップ&キャリアアップに有効です!

宅建の資格は、主に不動産業界や金融業界などの企業に勤める会社員の方が取得して活用する資格となっています。
宅建を取得することによって、会社員としての年収にどのような変化をもたらすか、ということについてはそれぞれの企業の待遇にもよるでしょう。

例えば、資格を取得すると合格一時金として数万円~10万円程度支給されたり、月々のお給料に資格手当てとして5000円~数万円程度上乗せされる、という企業もあるようです。それだけでも、かなり収入アップにつながりますね。

このように、宅建取得が直接収入アップにつながるという企業は一部かもしれませんが、この資格を持っていないと昇給できないという会社は多く存在しているようです。特に不動産業界では、宅建を持っていないということが、かなりマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。
それは、企業内での(上司などからの)印象であると同時に、顧客からの印象をも左右してしまうことを意味します。
一般的に、不動産業界の平均年収は500~800万円程度といわれていて、会社によっては1000万円以上という数字も出ているそうです。
これは、歩合制となっている会社も多いため、実力のある営業マンは同年代の他業界の平均以上の年収をもらっていることを物語っています。
ということは、宅建という資格をもっているかいないかという問題は、不動産営業マンの年収を大きく左右することにつながるということではないでしょうか?

宅建を取得した上で営業実績を積み、収入がアップすることは期待できますし、このことで他の会社への転職や独立にも有利に働くことは間違いないと思います。
そういった意味でも、宅建は社会人にとって必要不可欠な資格であるといえるでしょう。

 

宅建の試験概要