必ず合格できる勉強法を選ぼう

社会人のための宅建・取得ガイド

あなたを合格へと導くパートナー選びは慎重に!

宅建試験の合格を目指すあなたの前には、

  1. 独学で受験する
  2. 通学講座を受講する
  3. 通信講座を受講する

という3つの選択肢が与えられています。それらの選択肢にはそれぞれ、メリットとデメリットがありますし、自分の適性や生活リズム、お財布事情などを考慮して、あなたなりの方法を選択しなければならないのです。
この選択こそが、あなたの合格への道を決定付ける重要なカギを握っているのですが…
さあ、あなたはどれを選びますか?
それぞれの方法の、メリットとデメリットを検証してみましょう。

 

●独学のメリットとデメリット
独学のメリットは何といっても費用が安いこと。市販テキストや問題集を何冊か購入すればすぐに勉強が始められます。
デメリットは、すべての問題を自力で解決しなければならないこと。
テキスト選びから勉強法、モチベーション維持まで、すべてを自分の力で開拓していかなければならないわけで、当然時間や努力が人一倍必要となります。

 

●通学講座のメリットとデメリット
通学講座のメリットは、講義を生で聴けることや学習のリズムが作りやすいこと、受験友達ができることなど。講師に直接質問ができるので、疑問点はすぐに解決できることもメリットでしょう。
デメリットとして挙げられるのは、費用が高いことや学校へ通う時間が必要となってくること。さらに、教室が都市部に集中していることから、地理的な条件が加わってしまうことも考えられます。

 

●通信講座のメリットとデメリット
通学講座のメリットは、時間的・地理的な拘束がないこと。自宅でDVDなどを見ながら学習できるので、忙しい会社員でも確実に合格へ近づけるのです。
講座によって質の差が激しく、講座選びが難しいことと、独学と同様モチベーション維持が難しいことが、デメリットとして挙げられます。

 

宅建取得者がすすめる通信講座