宅建取得者がすすめる通信講座

社会人のための宅建・取得ガイド

カリキュラムや教材の質をしっかり見極めよう

通信講座を受講しようと思い立ったとき、あなたならどんな基準で講座を選びますか? 良く知られた大手の会社を選ぶという人もいるでしょうし、単純に価格が安いものを選ぶという人もいるかもしれません。
本当にそれでよいのでしょうか?
通信講座と一口で言っても、質は文字通りピンからキリまで。
質の悪い講座に当たってしまったら、合格するどころか試験勉強すらも途中で挫折しかねません。スタート地点である講座選びが、結果的にあなたの合否を分けることにもなるのです。

そこで、通信講座を選ぶときのポイントをまとめてみました。
資料請求した際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

ポイント1 理解しやすいよう工夫されたテキスト
合格点ギリギリのラインを狙って情報量をそぎ落とした、シンプルな内容のテキストがベストです。さらに、頻出項目が色分けされていたり、難しい項目は図表化されていたり、理解を深める工夫がされていることも重要。できればカラーで印刷されているものを選びましょう。

 

ポイント2 講義がついているかどうか
教材は、テキストや問題集だけではなく、講義を録音(録画)したCDやDVDが付いているかどうかもポイントのひとつです。宅建のような法律系の資格試験の勉強は、試験範囲も広いですし覚えにくい項目が多いので、テキストだけではなく、プロの講師が分かりやすく解説してくれる講義が見られる(聞ける)かどうかが重要となってくるのです。

 

ポイント3 良心的な受講料
受講料があまりにも安すぎる講座も信用できませんし、高い受講料を設定している講座であっても、確実に合格できるとは言い切れません。
重要なのは、講座の内容と受講料が見合っているかどうかを判断すること。
私個人の意見では、宅建講座の場合、テキストに問題集、講義DVDが付いたコースで5万円前後というのが妥当なのではないかと思います。

 

以上のようなポイントを踏まえて、複数の通信講座を見比べてみた結果、フォーサイトという会社の宅建講座がすべての条件を満たしていることが分かりました。実際に私も宅建を受験した際にはフォーサイトを利用したのですが、充実した内容の割りに価格が安く、受講生の合格率も高いようです。

ほかにも、通信講座で検索をかけるとさまざまな学校が出てくると思います。気になる講座には、積極的に資料請求をし、自分の目で内容を確かめてみると良いでしょう。

 

フォーサイトの人気をチェックしよう